うつ病の治療方法にはパキシルやデパスなどの抗うつ剤が有効であり、服用することでうつ病による精神疾患を治すことが出来ます。

抗うつ剤比較~パキシルvsデパス~

法改正によるデパスの個人輸入禁止について

平成28年9月14日付で厚生労働省が政令の一部を改正し、新たにデパスの主成分「エチゾラム」が向精神薬指定となりました。
これに伴い、国際郵便などで海外から取り寄せたりすることが出来なくなり、実質個人輸入が禁止となります。
現在、向精神薬指定されていないデパスに近い作用の代替え薬としては下記のようなものがあります。
セディール バスパー・ジェネリック ソナタ・ジェネリック
セディール バスパー・ジェネリック ソナタ・ジェネリック

セディールは非ベンゾジアゼピン系の抗不安薬です。不安、抑うつ、焦燥を改善し、耐性・依存性が生じません。
通販はこちら

セロトニン作動性抗不安剤バスパーのジェネリック医薬品です。うつ病や全般性不安障害、不眠といった症状に効果があります。
通販はこちら

非ベンゾジアゼピン系睡眠導入剤ソナタのジェネリック医薬品です。病院では抗不安剤としても処方されています。
通販はこちら

うつ病と自殺の関連性

WHOは、2011年の時点では日本の自殺率を世界10位(21.7%)と報告しました。

また、OECDは、日本はうつ病関連自殺により、25.4億ドルの経済的損失を招いていると指摘しています。

減少しているというデータもありますが、自殺大国であることは、今も変わっていません。

日本の年間自殺は3万人というデータがニュースなどで報道されますが、実際には、遺書がなければ自殺と認められないケースも多くあります。

また、日本には年間15万人の変死者がいると言われています。
変死とは、医者の管理が及ばないところで死んだという定義がありますが、この中には自殺者は半数ほど含まれていると言われています。

つまり実際は3万人どころではなく、10万人もの人が自殺をしている可能性が高いということです。

うつ病の発症リスクが高まる30代

さらに、世界と比較すると、10代から30代の男性の自殺率が、なんと日本は世界一なのです。

自殺の理由の大半はうつ病です。

うつ病による自殺は特に30代の男性に多く見られます。

何故働き盛りの男性に増えているか

一見、気力も体力も充実し、安定しているかのように思える30代ですが、そこには次のような原因が潜んでいるのです。

◆体力的な問題
20代は若さで頑張れていたものが、体力的にきつくなり、一気に表面化してしまうからだと言われています。

◆ストレスの問題
30代半ばになると仕事でも責任が重くなってきて、ストレスがたまってきます。それらが原因でうつ病になってしまい、自殺を選んでしまう方が増えています。

人間は生き物である以上、「生きたい」という本能があるはずです。
それにも拘わらず、「死にたい」と思ってしまうという病気がうつ病であるとも言えます。

「死にたい」程度なら1度や2度は誰でも考えた事があるでしょうが、うつ病を発症すると長い期間ずっと、死にたいと考えてしまいます。

社会全体での理解が求められている

うつ病に対する理解がなかなか進まないことや、会社での待遇なども要因として考えられています。
今の日本では、うつ病で仕事を休むと、社会復帰がなかなか難しい状況です。
また、残念なことに、うつ病というと、未だに怠けていると勘違いしている人も多くいます。
しかし少子高齢化が進む中、これからは社会全体で考えていかなければならない問題なのです。

デパスについて

デパスとは、神経に作用するお薬で、近年では精神安定剤として、または抗うつ剤としてはその代表格とされています。
それだけ有用性の高いお薬として使用されています。

抗うつ剤などと同じく、神経に作用し働きかけることでリラックスする為、脳・肉体の両方の緊張を解き気持ちを落ち着かる効果があります。

デパスの作用機序についてはこちら

このような精神系の神経に作用する薬は大抵アメリカからの薬という印象が強いと思います。
しかしこのデパスは、日本の吉富製薬(田辺三菱製薬の子会社)という日本の会社によって作られた純国産品となります。

デパスと似た医薬品

他にもこういった神経に作用するお薬として、代表的なものに下記の3種類があります。

ジェイゾロフト

・効果は弱いが安全性は高い
・女性の方が男性よりも有効性が高い

ジェイゾロフトの作用機序についてはこちら

パキシル

・効果が強い半面副作用も少々高い
・男性の方が女性よりも有効性が高い

パキシルの作用機序についてはこちら

レクサプロ

・効果が現れるのが他の薬に比べ早い
・女性の方が有効性が高い

レクサプロの作用機序についてはこちら

男女によって、その効果効能に違いが出るその理由は今現在の医学ではまだ分かっていません。
ですが、男女によって合う合わないというお薬が存在しているということです。

それぞれが各特徴を持ち合わせているので、自分の症状に合った薬を選ぶことが大切です。

日本が取り組むべき課題

日本国内でも、ここ数年やっと企業に臨床心理士が雇われるところが出てくるようになり、少しずつ社会的なストレスを減らしていこうという取り組みが見られています。

しかし臨床心理士を会社に迎えているようなところはとても数が少なく、またその臨床心理士を会社に迎えたといった社会的な評価を受ける為のネタとしている会社も少なくありません。

実際、私の友人の臨床心理士が某大手証券会社へ専属の医師として入ることとなったそうですが、結果ほとんど仕事の内容や、立場が良い方々がいることからほぼ介入することができず、結果廃止となったとのことでした。

今では、高齢化社会となり日本の将来へ対する不安を持つ若者は勿論、高齢者の数が増え、それらのストレスや、プライベートな各ストレスを抱えて過ごす日本人が増えていることから、うつ病者数は過去最多の数を記録するとも言われています。

うつ病と聞くと、とてもマイナスなイメージを持つ方が多いようですが、実際そのようなことはなく、誰しもが抱えている一面が強く出てしまった結果でしかありません。

うつ病は、その症状、そして原因を放置しないこと、これがとても重要です。

その第一歩として、今回紹介した抗うつ剤のデパス、パキシル、ジェイゾロフトなどを自身の症状に合わせて飲むことで、少しでも自分にとって有意義な日常を過ごすことができるきっかけとなるのではないかと思います。

うつ病とは

うつ病は、さまざまな事が原因でおきます。

他人事ではなく、いつ誰がどのタイミングで起きてもおかしくないのが、この病気の特徴でもあります。

この病気は、身体的な症状がでる場合と、精神的な症状がでる場合があります。

全国的には、女性の罹患率が高く、出産、生理などホルモンバランスの乱れによりうつ病になってしまう方も多いからと考えられています。


原因としては、脳の中の神経細胞が情報を伝達させる部分に異常が出て起こると考えられていますが、詳しい事はまだ分かっていません。

うつ病になりやすい人の特徴

うつ病にはなりやすい人とそうでない人がいます。
下記の項目に当てはまる方は注意が必要です。

・真面目な人
・社交的な人
・物事に白黒をはっきりつけたがる人

何事にも真剣に向き合い過ぎることで、自分のキャパがオーバーしてしまい過剰なストレスを感じてしまうことで、この病気を発症してしまう人も少なくありません。

また世の中には、ストレスが溢れています。
環境の変化、引越しや、最愛な人の死や、人間関係のトラブルなどなど。
挙げるときりがありません。
そういった全てのストレスが積み重なって病気を発症してしまうのです。

うつ病を治療するには

うつ病は1つの理由だけでなるとは限りません。

もし異変に気づいたら迷うことなく1度精神科を受診してみてください。

この病気と向き合うには、あなたに合う薬、あなたに合うお医者様、この2つが治療していく中で最も重要です。

治療として、ゆっくり過ごし、薬を服用することが必要不可欠です。

精神病の薬を服用することに抵抗がある方もいるとは思いますが、風邪を引いたら薬を飲むのと同じように、この病気の薬を服用することで、効果が得られるのです。

抗うつ薬にもさまざまな種類があるので、必ず医師とカウンセリングをし、処方されたら初めは少量から試してみてください。

副作用は、吐き気、めまい、変にテンションが高くなったり、いきなり落ち込みやすくなったりなどがあります。

自分の病気と向き合って、焦らずゆっくりと治療していきましょう。

パキシル・ジェネリックの通販はこちら

うつ病の原因

現在の日本、うつ病で悩んでる人はたくさんいらっしゃいます。
病院に通ったりしておらず、自分だけで悩んでる人も合わせると相当な人数になります。

「私もしかしてうつ?」と自覚ができないまま辛い日々を過ごしてしまってる人も多いです。

うつはれっきとした病気です。
できるかぎり早い段階で投薬やカウンセリングによる治療を行う必要があります。

うつ病になる2つの原因

うつになる原因とはなんでしょうか?
定義があるわけではありませんが、大きく分けると2パターンあります。

精神的ストレス要因

まず1つ目は精神的ストレスです。
精神的なストレスが要因でうつになる方がほとんどです。

社会的立場や、家族での悩み、精神的ストレスは切っても切れない存在です。
とくに、普段責任感の強い方や、まじめな方はうつになりやすいとされています。

人間関係を変えることは難しいですが、自分の内面を変えることは自分次第で可能となります。
中々難しいことですが、まず、周りより自分を変えていくことが大事です。

身体的ストレス要因

2つ目として、身体的ストレスも要因になります。
病気が原因でうつになる方もいます。

特に女性のなりやすい甲状腺の病気の場合、ホルモンバランスが崩れますので、うつになりやすくなります。

他に重大な疾患がある場合も、体が弱っていますので心も弱くなってしまいます。

うつ病の症状と治療薬の服用

うつには様々な症状が出ます。
何もやる気が起きない、動悸がひどい、生きていたくないなど、生活するにおいてすべて困難な症状です。

放置してるだけでは、症状は改善されません。

うつ病は病気です。
病気は治療薬で改善されます。

うつにもたくさんの治療薬があります。
薬に頼りたくないといった方もたくさんいらっしゃいますが、薬に頼らずそのまま辛い日々を送るほうが良い状態ではありません。
最悪の場合死を選ぶ方もいらっしゃいます。
それを薬を服用するだけで症状が良くなるのであれば、薬に頼ってもまったく問題ありません。

治療薬の服用に際して

もちろん治療薬にはメリットの他にデメリットもあります。

うつの薬は、依存症が強いとされています。
しかし、中には依存症が少ないものもあります。

最初は、まず軽めの薬から始めることが大事です。
間違っても、処方された量より、多く薬を服用する事だけは避けましょう。
必ず、決められた量の薬を服用することを心がけましょう。

薬も飲み方ひとつで、間違った方向にいってしまうので要注意です。

若い世代に多い新型うつ病とは

ここ数年、今までのうつ病とは異なる新しいタイプのうつ病が増えています。
従来型のうつ病を「定型うつ病」と言い、これは「新型うつ病」または「非定型うつ病」と言われています。

従来のうつ病は40代から50代の方に多かったのに対し、新型うつ病は20代から30代の若い世代に多く特に都心部を中心に急増していると言われています。

新型うつ病の症状

症状としては下記のものが挙げられます。

・よく涙が出るようになった
甘いものが食べたくなる
・1日以上10時間以上眠るようになった
・会社にいる間だけ憂鬱な気分になる
・感情的になる

定型うつ病との相違点

従来のうつ病は自分を責める、食欲不振、不眠傾向が多かったのに対し、反対の症状が多いとも言えます。

また従来のうつ病は自分の好きな事も出来なくなる事が多かったのですが、非定型うつ病の場合は、好きな事はできるというのも特徴的です。

定型うつ病との類似点

一方、似ている点は、ストレスに対する過剰な反応です。
過剰な反応が続くと、その原因を保留にしたり、自分以外のものに転嫁します。
ストレスを真正面から捉える事で精神に負荷がかかり、やる気が出なくなるのです。

新型うつ病の特徴

よく知らない人からは甘えや仮病と非難されてしまう事もありますが、この甘さは、非定型うつ病の原因ではなく、結果として捉えるのが適切だと考えられています。

非定型うつ病は、もともと落ち込みやすい人がかかりやすい傾向にあります。

健常な人はすぐに落ち込みから回復できるようなことでも、非定型うつ病の人は、それをいつまでも思い出して引きずってしまい、それが積み重なって、とても辛い状態になっています。

そしてどんどん自分を責め、仕事に行けばまた叱られてしまい、潰れてしまうかもしれない。
そうなると仕事に行けなくなってしまい、楽しいことをして忘れるしかない、となります。
このため、表面上甘えているように見えるのです。

体力のある人とない人がいるように、ストレスに強い人と弱い人がいます。
ただし体力は鍛えればそこそこ何とかなりますが、精神的な問題は生まれもった先天的要因や、環境、経験などの後天的要因など様々な事が関係しているので、自分の力だけで改善するのはなかなか難しいとされています。

もし周囲の人がうつ病になったら

うつ病は脳の病気です。

未だに怠けているだけだ、とか、本人の気の持ちようだ、と誤解している人も多いようですが、骨折や癌と同じように、専門医による正しい治療と投薬が必須です。

体験した本人でなければ理解するのは難しい病気です。

もしも周囲の人がうつ病になってしまったら、またはその兆しがあったら、どのように接すれば良いのでしょうか。

うつ病の方に言ってはいけない言葉

良かれと思ってした言動が、自殺への後押しをする事となりかねません。
医者でない人が癌の治し方や詳しい症状を知らないのに勝手に薬を飲ませたり治療したりしてはいけないように、凶器となりえる言動がないよう、極力気を付けなくてはいけません。

以下に紹介するような言葉は控えましょう。

◆間違った励まし
「頑張って」
「気合いがあればすぐに治る」

◆わかっているふり
「早くよくなってね」
「元気が無いから心配している」

◆原因の追究
「何故なってしまったんだろう」
「うつ病になってしまって今後どうするの」

◆責める言葉
「早く治すんだ」
「怠けてるんじゃない」

これらはどれもプレッシャーを与え、追い詰めるだけなのでタブーです。
今まで頑張ってきたのに、まだ頑張らなくてはいけないのかと非難されていると感じてしまいます。

うつ病の方への正しい接し方

接する時に大切なのは「共感」と「受容」と言われています。

解決法を探したり、励ますのではなく、辛さを理解し、頑張ってきた事を認める事、そして焦らない事です。

本人も早くなんとかしなくてはと頭では理解しているのです。

会いたくない、と拒絶される事もありますが、それも病気の症状の1つだと冷静に受け止めるしかありません。
それでも寄り添う姿勢を見せる事と、ありのままを肯定し、受容する事が大切です。

とは言え、精神病のような扱いをされる事は嫌がる人が殆どです。
過剰に気を遣ったりせず、できるだけ表面上は普通に接するようにしましょう。

周りの人の接し方で、病状の経過は大きく変わります。
数か月で回復する事もありますが、焦らず、なるべく穏やかな気持ちで見守りましょう。

なお、うつ病は風邪などのようにウイルスでうつったりはしません。
しかし「感応精神病」と言われるように、マイナスな感情は伝染しやすく、共感しすぎる事によってストレスになる共依存というケースもありえます。

共感することは大切ですが、共感しすぎては自身のストレスになってしまいます。
サポートするにはまずは自分の心身の健康が大切だという事を肝に銘じておきましょう。

更年期のうつ病

女性のうつ病の患者は多いといわれ、その数も男性のおよそ2倍になるそうです。それは退職、結婚、出産、子育てなど環境の変化やライフステージの変化が男性より多いのが理由です。そして女性の更年期に見られるうつ病の原因として、女性特有の身体の変化「閉経」があります。

女性の閉経は40代半ばから50代前半にかけて起こるもので、閉経に伴いホルモンバランスの崩れから体調に不具合が出始める「更年期障害」が現れます。更年期のうつ病が見落としがちになるのは、更年期障害と重なる事が多いためと言われています

更年期障害はどんな症状?

女性の更年期障害は以下の症状があげられます。

・顔や体のほてり ・多量の発汗 ・睡眠障害
・頭痛や腰痛 ・手足のしびれ、肩こり
・不安感、落ち着かない ・気分が落ち込む

これらは閉経後に女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が減少する事により、身体に現れます。その他閉経していなくても、月経不順や閉経の手前でも同じ症状がみられます。

更年期障害は医師に診察してもらい、治療薬を処方してもらい治療しましょう。

更年期障害と更年期のうつ病の症状がほぼ同じため、軽い症状の方などはそのままにしてしまう事が多く、更年期のうつ病が治らないまま続いてしまうようです。

重い症状の場合は婦人科などで診察してもらうこともある為、更年期障害ではなく更年期のうつ病と診断され発見される事があるようです。

更年期のうつ病の原因

更年期のうつ病にはいくつかの原因があります。

・閉経による女性ホルモンの減少
・子供の独立、結婚
・夫や身近な人との死別
・両親の介護・退職や就職 ・自身の病気
・退職や就職

女性ならではの身体の変化や、経験するであろう身の回りの変化、これまでとの環境の変化など様々な原因により起こります。

子供の進学や就職、結婚に関する事は喜ばしいと言えますが、喪失感や親としての役割が終わった寂しさが起因となり、うつ病になる事があります。これは空の巣症候群と呼ばれ、鳥の雛が育って巣を出ていく様から名づけられています。

夫との死別はもちろん喪失感もありますが、それに伴い家長になるなど、家族内での立場や役割の変化によるストレスも、うつ病となる原因です。

自身の病気の治療や、夫や自分の両親の介護は、心と身体に大きな負担がかかる事も要因の1つです。

仕事をしている方は長い間働いていた職場を離れる事や、子育てを離れ新たに仕事に就く事も生活の環境が変化するのでうつ病の原因となります。

他にも以前うつ病になった事がある人、うつの症状を感じた事のある人も、更年期に入りうつ病になる可能性があります。

少しでも心当たりがある場合、2週間以上症状が続く場合や、更年期障害の治療でも効果が無い場合など、うつ病の疑いがあるポイントなので、「更年期障害」だろうと判断せずに、医師に相談するようにしましょう。

更年期のうつ病の原因

更年期障害はよく耳にすると思いますが、更年期のうつ病はあまり馴染みのない方が多いかと思います。早めに治療を開始するのがベストなので、症状も更年期障害と似ているので判断が難しいかと思いますので、うつ病の可能性がある場合は病院で診察してもらうようにしましょう。

抗うつ剤・精神安定剤の通販はこちら

関連記事

抗つ剤に関連するおすすめ記事

パキシルの作用機序・効果
デパスの作用機序
うつ病の治療に効果的なジェネリック医薬品