エビリファイは主に統合失調症に使われる薬です。しかしその穏やかな作用はうつ病の改善、双極性障害にも使うことが出来ます。

くすりの寺子屋

エビリファイは抗精神病薬(精神安定剤)です

エビリファイはポカリスエットで有名な大塚製薬で開発・販売される、アリピプラゾールを主成分とした第二世代の抗精神病薬(非定型抗精神病薬)になります。そのため従来の抗精神病薬に比べると副作用も少なく穏やかな効き目を持ち、統合失調症を始め双極性障害(躁うつ病)やうつ病にも使う事が出来ます。

エビリファイは処方せん医薬品のため、医療機関へ行かなければ使えません。ですが通販(海外医薬品の通販)を利用することで誰にも会わずに購入する事が可能です。通販にはお得なジェネリックが販売されているので、医療費の節約をお考えならば利用する価値があるでしょう。

エビリファイの適応症状

エビリファイは2006年に発売された第二世代の抗精神病薬、または非定型抗精神薬と呼ばれています。元々は統合失調症の治療薬として開発されましたが、その穏やかな効き目により、現在では双極性障害(躁うつ病)やうつ病にも効果があるとされ、さまざまな精神障害に利用される薬です。

エビリファイは抗精神病薬の中でも副作用が少なく安全性の高さにも定評があります。しかし飲み合わせの悪い薬もあるので使い方は確実に覚えておきましょう。また抗うつ剤と同様に効果が現れるまでは約2週間程度を要すので、続けて使う事が大事になります。

主な適応症状である統合失調症

エビリファイは統合失調症の薬です。ドーパミンの量を適正な量に整える働きを持ち、症状を抑えます。その統合失調症とはどういった症状が出るのかを簡単に説明していきます。まずその症状は3つに分けられ、我々が良くイメージする妄想や幻覚が起きる「陽性症状」。意欲の低下や喜怒哀楽の表現が少なくなる、うつ状態にも似ている「陰性症状」。記憶力・集中力などの低下が起きる「認知機能障害」です。

双極性障害

エビリファイは双極性障害にも使われている薬です。双極性障害とは躁うつ病とも呼ばれており、その症状は躁状態とうつ状態を繰り返します。躁病とは気分の高揚が激しく、うつ病の反対にとらわれる事が多いですが、実は落ち込みも激しくなってしまいます。

とはいえ一般的に見れば明るく見られます。しかし感情を抑え込みづらくなってしまうので、すぐに怒ったりイライラしてしまうのが特徴です。ちなみに躁状態であるという判定は診断によって把握が出来ます。

エビリファイはうつ病にも有効

さらにエビリファイはうつ病の改善にも効果を発揮します。適応症状の統合失調症(陰性症状)、そして双極性障害のうつ症状に対応が出来るのでご理解いただけるはず。主成分のアリピプラゾールはドーパミンを抑える作用を持っていますが、足りなければ逆に活発化させるという作用も持っているためです。

エビリファイの副作用

エビリファイは第二世代の抗精神薬に分類され、第一世代に比べ副作用は軽いとされます。ドパミンを強制的にブロックせずに、分泌の量を丁度よく調整することから効き目が穏やかになります。その為、副作用が強く出ないようです。

その他、ドパミンとセロトニンの受容体にのみ作用する特徴があり、他の受容体への影響がないのも副作用が少ない理由とされます。第一世代の抗精神薬に見られた、錐体外路症状(パーキンソン病症状)、眠気、ふらつき、体重増加、過鎮静があまりみられません。

少ないとはいえ、薬ですので副作用は付き物です。エビリファイの副作用で特徴的なものに「アカシジア」があります。これは錐体外路症状の1つで、しばらく座っていられない、じっとしていられない、足がむずむずするなどの症状が出ます。

ドパミンの分泌量を調節する作用から、飲み始めに良く見られる症状で、不安、不眠、焦燥といった症状が出る事があります。徐々にな体が薬に慣れてくれば改善するものなので、あまりに症状が強い場合は不安薬(ベンゾジアゼビン系)を併用するのが良いでしょう。

エビリファイは鎮静力が低い他に体をリラックスさせて代謝を下げる効果から、高血糖や高コレステロールになりやすい事があります。発症の頻度は低いですが、体重が増加したり、心筋梗塞、脳梗塞になりやすくなります。血糖やコレステロールが心配な場合は、食生活や日々の運動などに十分注意し、生活習慣を見直す事が良いでしょう。

エビリファイの服用方法

統合失調症、双極性障害、うつ病の症状や年齢ごとに用量が違う為、医師に相談して下さい。 飲み始めは様子を見ながら少量からの服用がおすすめです。薬が体に慣れるまで2週間ほどを擁する為、2週間以内の増量はしない方が良いでしょう。1日食後に1回~2回、2錠ずつ、体の慣れとともに徐々に用量を増やし、1日食後に2回~3回2錠ずつ服用して下さい。

その際、通常の服用する量は6~24mgを目安に、1日30mg(10錠ほど)を超えないようにご注意下さい。双極性障害の方の場合、再発する恐れが高いので、長期間の服用で治療するのが良いとされます。


次に該当する方は服用に注意しましょう。
・肝機能障害のある方
・心臓疾患、血管疾患、低血圧症の方
・てんかんや痙攣の症状がある方
・糖尿病の方
・高齢者

服用の際に注意する点

服用後、車やバイクの運転や危険性のある機械の操作をしないでください。注意力や集中力、反射神経の低下が起こる事があります。急に服用を止めることはしないでください。不安感、イライラ、下痢、腹痛、不眠、発汗、昂ぶりなどの離脱症状が出る場合があります。薬が効いている間はアルコールを飲まないようにしましょう。薬の効果(副作用)が強く出過ぎる場合があります。

まとめ

エビリファイはドパミンとセロトニンのみに作用する薬の為、副作用が現れ難い特徴があり他の抗精神薬に比べ安全性が高い特徴があります。ドパミンの分泌量を調節する作用があり、多く分泌されたら興奮を抑え、少ない場合は気持ちを高めます。力づくでドパミンの分泌を抑えることが無いため、穏やかに効きます。

鎮静効果が抑えられ、眠気やボーっとすることのない効き目なので、ゆっくりと時間をかけて治したい方、仕事や日常生活をしっかり続けたい方、他の薬の副作用が合わない方におすすめの薬です。