優しい効きが特徴の抗うつ剤、ジェイゾロフトの作用機序、効果、副作用、服用方法について解説します。

抗うつ剤比較~パキシルvsデパス~

ジェイゾロフトの作用機序

ジェイゾロフトの作用機序

ジェイゾロフトは2006年にアメリカのファイザー社で開発された抗うつ剤で、以下の症状の改善に用いられます。

・うつ病
・パニック障害
・外傷後ストレス障害(PTSD)
・不安障害
・強迫性障害
・摂食障害
・躁うつ病

「選択的セロトニン再取込阻害薬」の略である、SSRIに属するお薬です。

同種SSRIのパキシルについてはこちら
同種SSRIのレクサプロについてはこちら

抗うつ剤の中でも、効果と副作用のバランスが最も良いとされています。穏やかに効くので、安全に治したい方にはお勧めです。他の抗うつ剤のように副作用が強くないので、服用を中断することなく治療が続けられます。仕事や家庭を大事にしながら治療を続けたい方ににも向いている薬と言えます。

ジェイゾロフトの通販はこちら

ジェイゾロフトの特徴

ジェイゾロフトの特徴

ジェイゾロフトの特徴は、セロトニンだけでなく、ドパミンにも作用する事です。
ドパミンは興味や喜びに関係しています。

抗うつ剤を使って良くなってきても、「やりがいが出ない」「楽しいと感じられない」と仰る方が多いです。
そのような方に改善が期待できると言われています。ジェイゾロフトを服用すると落ち込んだ気分をグッと引き上げることにより、元気になり「楽しさ」や「喜び」を感じるようになります。ただし、薬には個人差や合う合わないがありますので、あくまで事例があったとお考え下さい。
女性は薬の副作用の影響が出やすいとされていますが、ジェイゾロフトは他の抗うつ剤に見られる体重増加などの副作用が比較的少ないこともあり、女性のうつ病の方の第一選択として選ばれる薬でもあります。

また、抗うつ剤の中でも、日本で初めて再燃抑制効果が認められたお薬です。

再燃とは、うつ病から立ち直る事が出来たとしても、再びうつ病に陥ってしまう事です。
うつ病の再燃を抑制して、憂うつな気分がぶり返さないよう抑えてくれます。

ジェイゾロフトの副作用

ジェイゾロフトの副作用

ジェイゾロフトは神経伝達物質であるセロトニンのみに対して作用する薬の為、比較的副作用は少ないのですが、吐き気、口の渇き、かすみ目、眠気、発汗、便秘などの副作用が発生する事があります。

また服用すると気分が高揚する特徴で不眠作用があるので、寝る前に服用すると眠れなくなる可能性もあります。

そして性機能障害が必発と言っていいお薬です。

殆どの抗うつ剤でみられる副作用ですが、ジェイゾロフトは特に多く、およそ80%の方に性機能障害がみられると報告されています。
性的な方面でも興奮を抑えてしまうと言われています。
性機能障害の事で深刻に悩んでいる場合、そうした副作用が出にくいお薬に変更する事を検討しましょう。
薬の特徴でセロトニンが脳内に増えることにより起こる「セロトニン症候群」になる可能性があります。ジェイゾロフトの飲み始めなどに見られる症状で、体温の上昇や発汗、興奮や混乱、頭痛、ミオクローヌス(意志とは関係なく起こる筋肉の運動)などです。症状が強く出る場合、長く続く場合は速やかに医師に相談するようにしましょう。 併用禁忌として、パーキンソン病の治療薬の「エフピー(選択的MAO-B阻害剤)」、統合失調症の治療薬「オーラップ(ピモジド)」があり、脳内のセロトニンの量が増えすぎたり、不整脈などの心臓疾患が出る恐れがありますので合わせての服用はやめましょう。 他にも飲み合わせに注意が必要な薬がいろいろある為、服用中の薬がある場合は必ず医師に相談するようにしましょう。 アルコールも副作用が強く出る可能があるので、服用中の飲酒は控えるのがいいでしょう。

ジェイゾロフトの服用方法

ジェイゾロフトの副作用

服用には、最初は25mgから飲み始め、1週間以上間隔をあけて25mgずつ増やしていきます。
そして100mgで維持しますが、途中で効果を感じたらそれ以上はあげなくても大丈夫です。

効果を感じるまでには早くても2週間、遅い場合は1か月かかります。

副作用は消化器症状が多いので、不安な場合は胃薬などを併用することも勧められています。

1、2か月服用しても効果がない場合は、他のお薬に切り替えることも考える必要があります。

服用することで安定しても、半年から1年は飲み続ける事が勧められています。
なぜならこの時期が最も再発しやすい為です。

再発兆候がなく、気持ちも安定していれば、それから2、3か月かけてゆっくり服用を減らしていき、終了となります。
ジェイゾロフトは飲みやすいOD錠(口腔内崩壊錠)タイプもあり、水が手元に無い場合でも服用が出来るものもあり、こちらも大変便利になっています。

まとめ

ジェイゾロフトは効果と副作用のバランスがとれ、穏やかに効き副作用の抑えめな特徴があります。そのため症状があまり重くない人や、なるべく今の仕事を続けていきたい方にお勧めです。効果が強くない薬なので、すぐにでも治したいという方はジェイゾロフト以外の薬が向いています。副作用の症状が出やすいとされる女性にもよいとされます。
不安感を常に抱えて気分が塞ぎがちな方で、日々の生活を全うしながら治療を進めていきたい方には是非ジェイゾロフトを使ってみてはいかがでしょうか。

ジェイゾロフトの通販はこちら

関連記事

うつ病に関連するおすすめ記事

うつ病について

抗つ剤に関連するおすすめ記事

デパスについての解説
デパスの作用機序
レクサプロの作用機序
うつ病の治療に効果的なジェネリック医薬品