穏やかな効き目が特徴のジェイゾロフト。SSRIの1つで、効果と副作用のバランスがとても良い抗うつ剤です。

くすりの寺子屋

ジェイゾロフトとは?

ジェイゾロフトとは?

ジェイゾロフトは2006年に発売された抗うつ剤で、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)に分類されています。うつ病は脳内にあるセロトニンの濃度が少ないと発症しやすくなるといわれていますので、そのセロトニンの吸収を抑えるというのがジェイゾロフトの作用です。

効き目は穏やかなので、強い効果をお望みであれば少し期待が外れてしまうかもしれません。しかしそれは副作用が少ないとも言えるので、非常にバランスが良い抗うつ剤と言えるでしょう。そのバランスの良さから処方量も多く、人気・知名度も高いです。

そのような経緯から初めて抗うつ剤を使われる方にもジェイゾロフトはおすすめです。うつ病は抗うつ剤を使う事で症状がかなり軽減出来るのでなるべく使うほうが好ましいといえます。しかし薬を使うことに不安な方も大勢いらっしゃるはずでしょう。

そこでジェイゾロフトはどのような作用機序を持っているのか、このページにてご説明していきますので参考にしてみて下さい。ジェイゾロフト、ならびにその大枠である抗うつ剤は決して怖くありません。正しく使えば辛い症状も軽減できますよ。

ジェイゾロフトの効果

ジェイゾロフトはSSRIに分類されている抗うつ剤で、その中でも効き目が穏やかなため、あまり強い効果が好きではない方や初めて使われる方によく処方されています。その理由は効果と副作用のバランスが優れているためです。穏やかな効果というのはその反面、副作用が起きにくいと言えます。

うつ病に対しての効果は他の抗うつ剤と比べると弱いです。しかし全く効かないわけではありません。鬱病によるうつ状態の軽減には十分効果を発揮するレベルなのでご安心下さい。ただSSRIで最も効果の強いパキシルと比べるとやはり差はあると思います。

しかし先程から申しているようにとても穏やかであるため、副作用が起こりにくくとてもバランスが取れています。SSRIで起きやすいとされる口の渇きや便秘(抗コリン作用)も少ないので、そこまで効かなくても気分が楽になればいいとお考えであればジェイゾロフトを使って、うつ病の改善を行いましょう。

またジェイゾロフトは他のSSRIとは違った特徴もあるようです。効果が他のSSRIよりも弱いと言っても、別の点で優位点があるので、その点についても説明をして参りましょう。

ジェイゾロフトの作用機序

作用機序はざっくり言うと「セロトニンを増やす」ことでうつ状態の軽減に期待が出来ます。このセロトニンを増やすという作用はSSRI共通です。選択的にセロトニンのみに作用するものです。そのため他の神経伝達物質への影響がとても少なく、副作用のリスクを低く抑えることが出来ます。

SSRIが登場する前に使われていた三環系抗うつ剤・四環系抗うつ剤は、神経伝達物質への影響も大きかったので副作用が出やすかったのですが、それが起きにくくなり使いやすさが上がっていると思います。その中でもジェイゾロフトは副作用が起きにくいため、初めての方にもおすすめされているのです。

セロトニンの濃度が増える仕組みは、神経細胞へ取り込まれることを阻害することで行われます。吸収されないということは残ったまま、ということになるので濃度が増えていくという寸法です。うつ病の方はセロトニンの濃度が少ないことが原因とされているので、この作用はその軽減・改善にとても有効といえるでしょう。

セロトニンだけではなくドーパミンにも作用

ジェイゾロフトはセロトニンと同じく非常に重要な神経伝達物質であるドーパミン(医学的にはドパミンと表記)の濃度を増やす作用も持っています。そしてもう1つ、ノルアドレナリンと合わせ「三大神経伝達物質」と呼ばれ、人間の感情や機能に重要な影響を持っているのです。

ジェイゾロフトはSSRIですからセロトニンの濃度を増やしうつ状態を軽減していくのが主な作用を持ってです。セロトニンの役割としては精神の安定です。うつ状態は軽減されますが、楽しさを感じなかったり向上心やモチベーションが上がらないこともあると思います。

それらに作用するのがドーパミンです。濃度が上がることによって物事に取り組む意欲が上がり、よりうつ状態の改善にも貢献するでしょう。そこまで強く作用するわけではないようなので、過剰に濃度が高まるということもなく、反動は少ないのでご安心下さい。

ジェイゾロフトはうつ病以外にも使えます

ジェイゾロフトの主な適応症状はうつ病なのですが、これ以外の病気にも効果があるとされており非常に用途は広いと言えます。以下、どのような病気に効果があるのかを簡単にまとめてみましたのでご覧下さい。

  • ・うつ病
  • ・不安障害
  • ・パニック障害
  • ・外傷後ストレス障害(PTSD)
  • ・強迫性障害
  • ・摂食障害
  • ・躁うつ病(双極性障害)
  • ・月経前不快気分障害(PMDD)

かなり適応症状の種類が多いことがお分かりですよね?その中でいくつかピックアップして簡単な説明をして参ります。これもドーパミンへ作用するジェイゾロフトの独自性により起きているのかもしれません。それでは早速行っていきましょう。

ジェイゾロフトはSSRIに分類される抗うつ剤

ジェイゾロフトは何度も言うように抗うつ剤のタイプの1つであるSSRIに分類されます。脳内にあるセロトニンの濃度を高めることによってうつ状態を軽減していく作用を持つのですが、なぜセロトニンがうつに関係しているのか?

うつ病は過度な不安や緊張を起こしてしまいますが、セロトニンが不足してしまうとそれを感じやすくなるのです。神経伝達物質の中でも特に重要な物質であることはよく知られていますが、セロトニンは安息やリラックスをもたらすためには必要不可欠であり、うつ状態の軽減に役立つことがお分かりでしょう。

また睡眠にも関わっています。うつ病は不眠症になってしまうこともあるのですが、それはセロトニン不足により睡眠ホルモンと言われるメラトニンの生成が乏しくなってしまうからなのです。SSRIの作用によって濃度が増えることで安眠が得やすくなります。ただ副作用である眠気も出やすくなるのはセロトニンの濃度が増えてしまうからなのです。

ジェイゾロフトは再燃抑制効果が認められている

ジェイゾロフトは日本で初めて再燃抑制効果が認められた抗うつ剤としても知られています。再燃というのは一旦状態が良くなっても、再びうつ状態が悪化したものを呼び、しかも繰り返してしまう事もあるようです。特に自己判断で再燃は起きやすいので、医師との連携により防ぎましょう。

うつの再燃を防ぐためには抗うつ剤の種類も重要かもしれません。ジェイゾロフトであれば試験でもその効果が確認されていますので、予後状態もある程度は安心して過ごせるのではないでしょうか?ただ過信は禁物です。やはり医師との連携は取っておいて方が良いと思います。

ジェイゾロフトの副作用

ジェイゾロフトの副作用

ジェイゾロフトは効果が穏やかな反面、副作用の発現が少ないためバランスの良い抗うつ剤としてしられています。しかし人によっては副作用が起きることもありますので注意をしましょう。特に使い始めの2週間には注意をして下さい。それではどのような副作用が起きるのかを見ていきましょう。

抗コリン作用(口の渇きや便秘など)

これはジェイゾロフトだけではなくSSRI全般に言えるのですが、口の渇きや便秘が起きる事があります。抗コリン作用と言い、アセチルコリンという神経伝達物質の働きが阻害されるために起きてしまうのです。ただジェイゾロフトに関して言えば抗コリン作用は少ないようで、そこまで心配はいらないかもしれません。

一方では便秘ではなく下痢が起きやすいとも言われているので、頻繁に起きるようであればこれはジェイゾロフトによる副作用を疑ったほうが良いでしょう。個人差があるようなので自身の体調は良く把握しておいて下さい。

その他に挙げられる副作用としては眠りに関するものです。眠気の誘発、またはその反対になる不眠の症状が起きます。眠気はどの抗うつ剤でも起きる副作用なのですが、ジェイゾロフトはNasaaや四環系抗うつ剤と比べると、かなり少ないのではないでしょうか?それは作用機序が違うからと言えるでしょう。

不眠の症状

不眠もSSRIで起きやすい副作用です。眠れることは眠れるのですが深い眠りが出来なくなり、あまり疲労が取れない状態となってしまいます。疲労が取れないということはストレスの軽減も出来ていないことになり、うつ病にとってはあまりよろしくありません。

こういった場合には睡眠薬を一緒に使う事がすすめられますが、あくまでもこれは医師と相談した上で増やすようにしましょう。自己判断で薬を増やすのは危険です。または先程の抗コリン作用と同じように違う抗うつ剤を使って下さい。

性機能障害

ほとんどの抗うつ剤でみられる副作用ですが、ジェイゾロフトは特に多く、およそ80%の方に性機能障害がみられると報告されています。性的な方面でも興奮を抑えてしまうと言われています。性機能障害の事で深刻に悩んでいる場合、そうした副作用が出にくいお薬に変更する事を検討しましょう。

薬の特徴でセロトニンが脳内に増えることにより起こる「セロトニン症候群」になる可能性があります。ジェイゾロフトの飲み始めなどに見られる症状で、体温の上昇や発汗、興奮や混乱、頭痛、ミオクローヌス(意志とは関係なく起こる筋肉の運動)などです。症状が強く出る場合、長く続く場合は速やかに医師に相談するようにしましょう。

併用禁忌として、パーキンソン病の治療薬の「エフピー(選択的MAO-B阻害剤)」、統合失調症の治療薬「オーラップ(ピモジド)」があり、脳内のセロトニンの量が増えすぎたり、不整脈などの心臓疾患が出る恐れがありますので合わせての服用はやめましょう。アルコールも副作用が強く出る可能があるので、服用中の飲酒は控えるのがいいでしょう。

ジェイゾロフトの使い方

ジェイゾロフトの使い方

服用には、最初は25mgから飲み始め、1週間以上間隔をあけて25mgずつ増やしていきます。
そして100mgで維持しますが、途中で効果を感じたらそれ以上はあげなくても大丈夫です。

効果を感じるまでには早くても2週間、遅い場合は1か月かかります。

副作用は消化器症状が多いので、不安な場合は胃薬などを併用することも勧められています。

1、2か月服用しても効果がない場合は、他のお薬に切り替えることも考える必要があります。

服用することで安定しても、半年から1年は飲み続ける事が勧められています。
なぜならこの時期が最も再発しやすい為です。

再発兆候がなく、気持ちも安定していれば、それから2、3か月かけてゆっくり服用を減らしていき、終了となります。
ジェイゾロフトは飲みやすいOD錠(口腔内崩壊錠)タイプもあり、水が手元に無い場合でも服用が出来るものもあり、こちらも大変便利になっています。

まとめ

ジェイゾロフトは効果と副作用のバランスがとれ、穏やかに効き副作用の抑えめな特徴があります。そのため症状があまり重くない人や、なるべく今の仕事を続けていきたい方にお勧めです。効果が強くない薬なので、すぐにでも治したいという方はジェイゾロフト以外の薬が向いています。副作用の症状が出やすいとされる女性にもよいとされます。
不安感を常に抱えて気分が塞ぎがちな方で、日々の生活を全うしながら治療を進めていきたい方には是非ジェイゾロフトを使ってみてはいかがでしょうか。

ジェイゾロフトの通販はこちら