ソナタは睡眠導入剤として使われ、即効性がとても高いです。また抗不安薬としても利用出来るため注目されています。

くすりの寺子屋

ソナタは安全に使える睡眠薬

ソナタは安全に使える睡眠薬

ソナタは超短時間作用型に分類されている睡眠薬です。非常に即効性があり、およそ30分ほどで効き始めてきます。ちなみに超短期型の睡眠薬は不眠症のひとつである入眠障害の方に向いているので、睡眠導入剤とも呼ばれています。

即効性の他にもソナタは半減期が4時間ほどで終わるので、朝目覚めたときにも体に残りにくく副作用が出にくく安全に使えます。また抗不安作用にも期待が持てるため、不安や緊張が高まることで起きてしまう不安障害にも使う事が可能です。

特にデパスを利用されていた方は個人輸入(通販で購入することも含む)が出来なくなってしまったので、代わりの薬として需要が高まっています。非ベンゾジアゼピン系なので、ベンゾジアゼピン系と似たような作用を持っていますが、安全性はこちらの方が高いです。

ソナタの特徴は即効性と半減期の早さ

ソナタ(成分名:ザレプロン)は非ベンゾジアゼピン系に属している睡眠薬です。冒頭でもご説明しましたが不眠症のひとつである入眠障害(寝付きが悪い)に向いています。入眠障害はうつ病の方にも起こりやすいですが、抗うつ剤を使われている方は医師と相談してから使いましょう。抗うつ剤は精神安定剤や睡眠薬とも併用出来ますが、基本的に単体での使用が前提になっているためです。

ソナタは超短時間作用型の睡眠薬の中でも早く効果が現れるため、かなり即効性に優れている睡眠薬と言えるでしょう。早い方であれば30分ほどで効果が現れ始めます。またリラックスに関わる物質(GABA)の作用を強め、脳内の神経を落ち着かせる事が出来るので自然な眠りを誘発させてくれるようです。

超短期作用型は比較的半減期(薬の効果が半分になる時間)が短いので、朝目覚めても体に残りにくいの特徴なのですが、特にソナタは半減期が4時間程度と短いため副作用がかなり少ないので安全に使えます。睡眠薬を使われるうえで心配な、日中の体のだるさ・眠気・ぼーっとする、といったことが起こりにくいといえるでしょう。

ソナタの特性である超短時間作用型ってなに?

「超短時間作用型」というのは、睡眠薬のタイプのひとつです。睡眠薬にはいくつかのタイプがあるのですが、その名の通り超短時間型というのは基本的に薬の効果が早く現れ抜けていくのが特徴になっています。その特性上、特に不眠症の症状の1つである入眠障害に向いていると言えるでしょう。

超短時間作用型はほとんどが1時間以内に作用するタイプで、ソナタの他にもルネスタやアモバン、ハルシオン、デパス(こちらは抗不安薬)といった薬が該当します。そして半減期が3~4時間程度になり、ソナタはおよそ4時間で効果が切れるようです。

先述しましたが薬効成分が残りにくいので、睡眠薬を使った際に感じる体のだるさや眠気などが起こりにくいといえるでしょう。反面、夜中に目が覚めてしまう中途覚醒などには向きません。眠っている間に薬の効果が切れてしまうので、結局目が覚めてしまうのです。

効果が切れるのも早い

ソナタの特徴として、効果が切れる時間もかなり早い点も挙げられるでしょう。超短時間型の睡眠薬はソナタ以外のものもかなり効果の切れる時間が早いです。およそ4時間、長くても5~6時間で血中濃度が半減していきます。つまりソナタの成分であるザレプロンが半分の量に減る時間のことです。

薬の効果が切れる時間が早いことによるメリットはなんといっても副作用の発現が低くなることです。睡眠薬の副作用で嫌なことは起きても眠気が残っていること。これから活動するにあたって頭がはっきりしていない、体をうまく動かすことが出来ないのは辛いですよね。

ソナタはそういった副作用が起きることがとても少ないので、かなり使いやすいのではないでしょうか?ですがこれはあくまでも入眠障害の方に言えることです。中途覚醒など、不眠症でも違う症状でお悩みの方はソナタは適応する睡眠薬ではないのでご注意下さい。

睡眠薬と睡眠導入剤に違いはある?

完全に余談になりますが「睡眠薬」と「睡眠導入剤」、意味合いとしては一緒です。効果の強さなどで言い分けているわけではないようです。睡眠薬=睡眠導入剤と覚えてきましょう。ただし医療現場では睡眠導入剤は、入眠障害に向いている睡眠薬として言い分けているそうです。

つまりソナタは睡眠薬、睡眠導入剤、どちらで呼んでも間違いではありません。もしかしたら勘違いされていた方がいらっしゃるかもしれませんが、決して睡眠薬の方が効き目が強い、その反対で睡眠導入剤の方が効きめが強い、といったことはないので間違えずに覚えておきましょう。

ソナタには抗不安薬としても使える

ソナタは睡眠薬としてだけではなく、抗不安作用(不安を和らげる)があることも知られています。日本では処方されていないソナタですが、海外では抗不安薬としても良く処方されているようです。なぜ睡眠薬であるにも関わらず、抗不安薬としての側面も持つのでしょうか?

ベンゾジアゼピン系と似た作用を持つソナタ

ソナタの主成分ザレプロンは、非ベンゾジアゼピン系に属しています。この系統はベンゾジアゼピン系(BDZとも)よりも、もたらす作用は少ないものの依存性や耐性が少ないとして近年よく使われている系統です。ベンゾジアゼピン系と同じようにGABA受容体に結合することで効果を発揮します。

ソナタのジェネリック医薬品

国内では販売されていないのですが(ソナタが販売されていないため)、ソナタにはジェネリックも販売されています。主成分はザレプロンですから、もちろん同一の効果、副作用を持っています。しかし異なる点はその値段です。

ジェネリックは日本でも馴染みだしてきていますので、ご存じの方も多いと思いますが、2~3割先発薬よりも安く購入することが出来ます。ソナタのジェネリックも例外ではなく、3割どころか半額安くなっているものもあるようです。

その中で注目したいソナタのジェネリックがハイプロン。Consern Pharma(コンサーンファーマ)というインドの製薬メーカーが製造販売しています。海外の薬らしいと言えばらしいですが、カプセルの色がオレンジと黒というかなりのインパクト!一瞬飲むのを躊躇してしまいますが、きちんと効果はありますのでご安心下さい。