ハイプロンはソナタジェネリックの1つで、超短時間型の睡眠薬なので効き目がすぐに現れます。

くすりの寺子屋

ハイプロンは即効性の高い睡眠薬

ソナタ・ジェネリック(睡眠薬ソナタのジェネリック医薬品)として、徐々にその知名度を上げてきているのがハイプロンです。有効成分はもちろんソナタと同じザレプロンですので、同一の効果を得ることが出来ます。また、ソナタと同じように国内では承認されていないので通販サイトを利用しなければ購入出来ません。試してみたい方は通販サイトを利用してみましょう。

睡眠薬は効き目が出る時間、続く時間がタイプ分けされているのですが、ハイプロンはその中でも一番早い超短時間型に分類出来ます。早ければおよそ30分程度で効果が現れ眠気を誘発させるのです。また持続時間は短く、およそ4時間程度で成分(ザレプロン)が抜けます。

そのため朝起きても眠気が残りづらく、頭がぼーっとしたり体にだるさが残ることはあまりないでしょう。非ベンゾジアゼピン系ですから依存性、耐性なども少なく安全に使えます。また睡眠薬としてではなく、抗不安作用もあることから緊張や不安を取り除く際にも役立つ薬と言えるでしょう。

ハイプロンの効き目

ハイプロンは不眠症の症状の1つである「入眠障害」に向いている睡眠薬です。その理由としては、ハイプロンが「超短時間型」に分類されるため。睡眠薬には効き目の早さ、そして持続時間の長さによってタイプを分けることができ、ハイプロンはその中で最も早いタイプになります。

ハイプロンを使えばすぐに効き目が現れるでしょう。およそ30分程度で眠気を誘発します。そのため本当に寝る前に使わないと、支障をきたす恐れが高いので必ず守って下さい。特に運転を要する場合には絶対に使ってはいけません。重大な事故に繋がりかねないためです。

また食後すぐに飲むのも効き目が半減する原因となります。ある程度時間が経過してからハイプロンを使って下さい。だいたい2~3時間が目安でしょう。そして食事に関する注意がもう1つあります。脂質の多い料理を食べると成分の吸収率がかなり悪くなってしまいます。これもまた、効き目に影響を及ぼしますので、出来るだけ夜はあっさりした食事がおすすめです。

ハイプロンも睡眠薬ですからアルコールを摂取した後に飲むのは、効き目が強く現れてしまい、副作用も出やすくなってしまいますので厳禁です。薬本来の飲み方である、水かぬるま湯で飲みましょう。用量は1錠で十分です。もし効き目が強いと感じたのであれば、次からは量を減らして飲んでみて下さい。

ハイプロンの持続時間

ハイプロンの持続時間(薬が効いている時間)はとても短いです。大体4時間程度で効果が切れますので、朝起きた時にはほとんど成分(ザレプロン)が代謝されており、すっきりと目覚めることが出来るでしょう。睡眠薬で嫌な点と言えば、起きたときにも眠気が残っていること。

つまり成分がまだ体に残っており、効果が続いている状態と言えるのです。このようなことが起きる原因は自身が、それぞれの睡眠薬の持続時間を把握していないために起こりやすいと言えるでしょう。効果が強いといって、長く効くタイプの睡眠薬を選んでしまうと日中、「眠気が残る」「頭がボーっとする」「体がだるい」となどの弊害が続いてしまいます。

ハイプロンは入眠障害の方に向いている睡眠薬です。寝付くのに(入眠に)時間がかかるというのが入眠障害の症状になるので、30~60分以内に効果を発揮するハイプロンはとても有効と言えるでしょう。不眠症のその他の症状(過眠症・中途覚醒・概日リズム睡眠障害)には向いていません。

不眠を改善するには自身があてはまる症状、そしてその症状に適した睡眠薬を使っていきましょう。