パキシルの作用機序や効果、副作用などを解説します。通販ではお得なジェネリックも簡単に購入する事ができます。

抗うつ剤比較~パキシルvsデパス~

パキシルの作用機序・効果

パキシルの作用機序・効果

パキシルは、選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)の1つです。

SSRIとは、セロトニンと呼ばれる神経伝達物質が分解されず、脳内に留まる事によりセロトニン濃度が高まり、神経の伝達能力が高くなり、うつ病などに効果がある薬で、抗うつ作用や抗不安作用があります。

セロトニンは脳内で分泌される気分に関わる神経伝達物質です。脳内にセロトニンが減少する事により、情報が上手く伝わらなくなり、うつや不安障害の症状な出ます。セロトニンは分泌されると、セロトニン受容体と結合します。その受容体がいくつも結合し、キャパシティーが一時的にオーバーした際、セロトニンを再利用するため神経細胞が再度取り込みます。

「選択的セロトニン再取り込み阻害」とはセロトニンを吸収・分解されないようにする作用のことで、分泌されたセロトニンがもう一度取り込まれない事で、量が減らずに脳内に多く留める事になります。セロトニンの量が増えれば脳内の神経伝達がスムーズに行われ、気分が落ち着き不安が解消され、うつ病の症状が改善される事になります。

以上がパキシルの作用機序になります。

パキシルを服用することで次のような症状が改善されます。

パキシルを服用することで次のような症状が改善されます。

・憂うつな気持
・不安 
・苛立ち 
・やる気がなくなる 
・食欲不振 
・不眠 
・強迫観念 
・人前での過度な不安や緊張

うつ病や不安障害以外にも、かなり広範囲な症状に対応できる医薬品であることがおわかりいただけると思います。

パニック障害、社会的不安障害などの「不安」は心の病気に位置付けられますが、その中身は「セロトニンが少なくなる事でうつ病を発症している状態」と同じような脳機能に障害が起こっています。

その為、パキシルなどの薬が使用されます。

パキシルの副作用

パキシルの副作用

パキシルはそのSSRIの中でもとりわけ効果が高いとされ、精神の働きに関係する神経の伝達物質であるアドレナリンやドーパミン、メラトニンなどに作用することなく、セロトニンにのみ効果を発揮する特徴があります。その為、余計な副作用が出難いと言われています。

ただし、効果の高い薬なのでそれなりに副作用も出る場合があるので十分な注意が必要です。主な症状に以下のものがあります。

・喉の渇き 
・頭痛 
・発熱 
・鼻づまり 
・眠気 
・不眠 
・めまい 
・過敏症状(発疹・痒み・)

吐き気や胃の不快感なども良く見られる症状です。これは胃腸にもセロトニン受容体があり、パキシルの効果が反映され刺激を受ける事により、吐き気を起こします。この副作用はどのSSRIの薬には付き物で、薬が効いている状態と言えますので、特に心配は要りません。あまり長く続く症状でもなく、1~2週間ほどで解消されていきます。症状があまりにもきついようでしたら、胃薬を併用してみましょう。

他に、性機能障害も副作用として出る症状です。こちらも別のセロトニン受容体にパキシルが影響を与え、性欲の低下、射精障害や勃起障害を起こすと言われ、服用した方の80%に現われると言われています。

うつ病などの病気を治すことが優先される場合そのまま経過を見る事がお勧めですが、パートナーや夫婦間で問題が起きそうな場合は、パキシルの減薬や別の抗うつ剤を使用して対処するのがいいでしょう。どうしても今すぐ改善させたいと思う方は、ED薬(バイアグアやシアリス)を使用する方法がありますが、十分に注意して服用するか心配な方は医者に相談してみましょう。

パキシルの副作用として、体重が増加する事例もあります。特にパキシルは他のSSRI薬と比べても強く出る傾向があるようです。薬の特徴として飲み始め3ヶ月は体重が減り、長期間の服用になると体重が増える事があります。薬の鎮静作用により代謝が抑えられるもの原因の一つです。アクチベーションシンドロームと呼ばれる薬が効きすぎ、気分が大きく高揚してしまう症状があり、それが過食につながるとの考えもあります。体重増加の対処法としては、よく噛んでゆっくり食べ、満腹中枢をしっかり刺激することで食べ過ぎを改善しましょう。間食を控えたり、食事の量を減らすことも重要です。

パキシル服用の際の注意点

パキシル服用の際の注意点

パキシルは服用してからだいたい2週間ほどで効果が出ると言われています。パキシルは1日1回、夕食後に服用します。用量は症状によってそれぞれ違います。

うつ病の方
最初は10~20mgを目安に飲み始め、徐々に10mgづつ増やしていきます。最大1日40mg以内の範囲で増減します。

パニック障害
最初は10mgを目安に飲み始め、徐々に10mgづつ増やしていきます。最大1日30mg以内の範囲で適宜増減します。

強迫性障害
最初は20mgを目安に飲み始め、徐々に10mgづつ増やしていきます。最大1日50mg以内の範囲で増減します。

服用する際は、少量から開始し、徐々に増やして体を慣らしていきます。

いきなり多い用量から飲み始めると、未成年や若年の成人の方には、強く症状が出てしまう場合があり、自殺のリスクが高くなる事があります。

肝機能障害や腎機能障害のある方は、服用すると血中濃度が上がり過ぎる事があります。パキシルの服用は病気を治療するため必要な事ですので、うつ病の早期改善を心掛けましょう。

妊婦、授乳期の女性は服用前に医師に確認するようにしましょう。

また、服用を中止する場合も、いきなり止めてしまうと吐き気や下痢、頭痛、不眠などの症状が出る場合があります。

服用を始めた時とは逆に少しずつ減らしていくことになります。

↓↓お得なパキシルのジェネリックはこちらで購入できます!↓↓

関連記事

うつ病に関連するおすすめ記事

うつ病について

抗つ剤に関連するおすすめ記事

デパスについての解説
うつ病の治療に効果的なジェネリック医薬品