レクサプロはSSRIの中でも即効性のある抗うつ剤です。作用、副作用、服用方法を記載しています。

抗うつ剤比較~パキシルvsデパス~

レクサプロの作用機序

レクサプロはSSRIというタイプの抗うつ剤です。

一般名がエスシタロプラムと呼ばれていて、SSRIの中では、全世界ナンバーワンの売上高を誇っているお薬です。

レクサプロは以下の症状の改善に効果を発揮します。

・うつ病
・うつ状態
・不安障害
・パニック障害
・社会不安障害
・脅迫性障害

同種SSRIのパキシルについてはこちら

レクサプロの特徴

レクサプロの大きな特徴は、服用してから1週間で効果が表れるという事です。

これはなぜかというと、ほかのSSRIは、最初は少量から服用し始め、徐々に量を増やしていく事になるので時間がかかってしまいますが、レクサプロは、その必要がないからです。

さらに、アロステリック作用によって抗うつ効果を延長させ、他のSSRIよりもセレクティブにセロトニンに作用します。

これは、うつ病治療に特化したメカニズムです。

レクサプロの副作用

他のSSRIもセロトニンを増強させる事によって抗うつ効果を発揮しますが、セロトニン以外の受容体にも影響する為、症状に応じた副作用があらわれます。

レクサプロは副作用が少ないと言われています。

ではどのような副作用があるかというと、口の渇き、便秘、ふらつき、吐き気、眠気、性機能障害、体重増加などがあります。

副作用は数週間でなくなる事がほとんどですが、辛い場合は胃薬、吐き気止めの併用が勧められています。

ただし、性機能の障害は、性欲減退、膣の分泌液の減少、射精困難、勃起不全などの症状がみられます。
他の副作用と違って性機能障害は2週間経っても改善される事はありませんのでご注意ください。

それは困るという方は、他の抗うつ剤の服用をおすすめします。

レクサプロの服用方法

服用するには10mgから始めて、1、2週間様子を見て、効果が見られた場合はそのまま10mgを飲みます。
足りないと感じたら20㎎に増やします。

効果が感じられても、服用は半年から1年は続けるようにします。

回復してきたからと言って服用をやめてはいけません。
なぜならこの時期に症状が再発しやすいからです。

半年から1年服用し続けて、再発の兆候がなく、安定しているようでしたら回復したとします。

しかし突然薬をやめず、2、3か月かけてゆっくりとお薬を減らしていきましょう。
問題がなく、症状も出なければ、治療終了になります。

1、2か月服用しても改善がなければ、効いていない事が考えられるので、他のお薬を検討しましょう。

↓↓レクサプロはこちらで購入できます!↓↓

関連記事

うつ病に関連するおすすめ記事

うつ病について

抗つ剤に関連するおすすめ記事

パキシルについての解説
デパスについての解説
デパスの作用機序
ジェイゾロフトの作用機序
うつ病の治療に効果的なジェネリック医薬品