レクサプロは比較的副作用は少ないものの眠気が起きやすいと言います。なぜなのでしょうか?

くすりの寺子屋

全世界で処方量の多い抗うつ剤、レクサプロ

レクサプロは国内では2011年に発売された抗うつ剤です。国内では最も新しいSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)になります。SSRIとはセロトニンの吸収を阻害し濃度を高めることで、うつ状態を軽減する作用機序を持つ抗うつ剤の総称です。うつ病治療における抗うつ剤の中で最もポピュラーなタイプとして知られています。

レクサプロは抗うつ作用が高く、副作用が比較的少ないことから全世界で多くのうつ病患者に処方されています。とても人気の高い、そして安全に使える抗うつ剤なのです。しかしもちろん副作用も起きる事があり、眠気の誘発を始め、SSRIで起きやすい抗コリン作用(口の渇きや便秘など)、胃腸症状などが報告されています。あらかじめ注意をしておきましょう。

また多くの抗うつ剤は効果が現れるまでにだいたい2週間ほどの時間を要すのですが、レクサプロの場合は開始から治療用量という点です。つまり、抗うつ作用の時間がかなり短縮でき、即効性にも多いに期待が持てると言う理由から、多くの方に処方されています。

眠気の誘発など、レクサプロで起きる副作用について

他のSSRIもセロトニンを増強させる事によって抗うつ効果を発揮しますが、セロトニン以外の受容体にも影響する為、症状に応じた副作用があらわれます。レクサプロはセロトニンのみの受容体にしか反応しない為、他に比べ副作用が少ないと言われていますが、どのような症状があるのでしょう。

  • ・眠気
  • ・ふらつき
  • ・不眠
  • ・性機能障害
  • ・食欲不振、口の渇き、吐き気、便秘
  • ・発汗
  • ・体重増加
  • ・動悸、不整脈

副作用は数週間でなくなる事がほとんどですが、消化器系の症状が辛い場合は胃薬、吐き気止めの併用が勧められています。性機能の障害に関しては、性欲減退、膣の分泌液の減少、射精困難、勃起不全などの症状がみられ、他の副作用と違って性機能障害は2週間経っても改善される事はありませんのでご注意ください。

それは困るという方は、他の抗うつ剤に変更する、もしくは減薬するのがいいでしょう。レクサプロに限らず他の抗うつ剤に見られる副作用に、体重の増加があります。体内にヒスタミンという食欲を抑える物質がありますが、レクサプロはヒスタミンを阻害する効果があります。その為、食欲を抑える事が出来ず、食べ過ぎてしまい体重が増加してしまいます。十分に生活習慣を改善し食生活にも注意する事が大事になります。運動し代謝を上げるのも良いでしょう。

レクサプロの効果

うつ病や精神疾患のある方は、脳内の神経伝達物質である「セロトニン」や「ノルアドレナリン」、「ドーパミン」などの分泌量が偏っている状態にあります。その神経伝達物質を増やしたり、減らしたりする事により、うつ病の症状が改善に向かいます。

その中でもセロトニンは重要です。ノルアドレナリンやドーパミンが増えすぎると心が暴走し、興奮や怒りが止まらない状態になりますが、セロトニンはそれらを抑制させる役割があります。

脳内での情報伝達が行われる際に、セロトニンが分泌されます。この時もう一度セロトニンは再び細胞に取り込まれます。セロトニンの再取り込みが起こると脳内のセロトニンの量が減り、情報伝達が滞り気分が落ち込む、やる気が出ないなどのうつ症状になります。この再取り込みを阻害することによりセロトニンの量が増え、情報伝達がスムーズになる事でうつ症状が改善されます。

レクサプロはセロトニンの量を増やし、精神を安定させ心のバランスを整える効果があり、特に不安障害の治療に適していて、やさしい効きめという理由から、治療の最初の段階でに選ばれる薬です。その他、以下のさまざまな症状の改善に効果を発揮します。

  • ・うつ病
  • ・うつ状態
  • ・社交不安障害
  • ・パニック障害
  • ・社会不安障害
  • ・脅迫性障害
  • ・心的外傷後ストレス障害(PTSD)

レクサプロが良く処方される理由

レクサプロの大きな特徴は、服用してから1週間で効果が表れるという事です。これはなぜかというと、ほかのSSRIは、最初は少量から服用し始め、徐々に量を増やしていく事になるので時間がかかってしまいますが、レクサプロはその必要がなく、薬の開始用量と治療用量が同じ10mgです。その為、治療開始から早い段階(一週間程度)で効果が感じられます。

さらにレクサプロには他のSSRIには無い特徴があります。それがアロステリック作用による抗うつ効果の延長です。アロステリック作用とは、セロトニンを再取り込みする細胞にはSSRIが結合する箇所が2種類あり、レクサプロはこのどちらにも結合します。

レクサプロと結合した細胞は構造が変わり長時間結合するようになることです。これにより25~28時間だった半減期(薬の血中濃度が最大から半分になるまでの時間)が、さらに効果が続くようになります。

レクサプロのように半減期の長い薬は血中濃度の変化がゆっくりな為、離脱症状が出難いとされます。離脱症状とは急に薬が切れた禁断症状のようなもので、耳鳴り、吐き気、発汗、めまい、しびれや震え、強い不安感などの症状が出るようになります。

レクサプロの服用方法

服用するには10mgから始めて、1、2週間様子を見て、効果が見られた場合はそのまま10mgを飲みます。
足りないと感じたら20㎎に増やしましょう。効果が感じられるようになってきたからと、薬の服用を中止するのはやめましょう。飲み始めたら、半年から1年は服用を続けるようにしましょう。

なぜならこの時期に薬の服用を中止してしまうと、うつ病の症状が再発しやすいからです。半年から1年服用し続けて、再発の兆候がなく、安定しているようでしたら回復したとします。

しかし突然薬をやめず、2、3か月かけてゆっくりとお薬の用量や回数を減らしていきましょう。問題がなく、症状も出なければ、治療終了になります。レクサプロを1、2か月服用しても改善がなければ、効いていない事が考えられるので、他のお薬を検討しましょう。