レクサプロの副作用には眠気や口の渇き、反対に不眠の症状も現れます。

くすりの寺子屋

全世界で人気の高いレクサプロ

全世界で人気の高いレクサプロ

レクサプロは国内では2011年に発売された抗うつ剤です。国内では最も新しいSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)になります。SSRIとはセロトニンの吸収を阻害し濃度を高めることで、うつ状態を軽減する作用機序を持つ抗うつ剤の総称です。うつ病治療における抗うつ剤の中で最もポピュラーなタイプとして知られています。

レクサプロは抗うつ作用が高く、副作用が比較的少ないことから全世界で多くのうつ病患者に処方されています。とても人気が高く、安全に使える抗うつ剤なのです。しかしもちろん副作用が起ききてしまう事もあり、眠気の誘発やSSRIで起きやすい抗コリン作用(口の渇きや便秘など)、胃腸症状などが報告されています。あらかじめ注意をしておきましょう。

また多くの抗うつ剤は効果が現れるまでにだいたい2週間ほどの時間を要すのですが、レクサプロの場合は開始から治療用量という点です。つまり、抗うつ作用の時間がかなり短縮でき、即効性にも多いに期待が持てると言う理由から、多くの方に処方されています。

レクサプロの副作用

レクサプロはほとんどセロトニン受容体にしか作用しないため、副作用が少ないと言われていますが、もし副作用が起きた場合どのような症状が現れるのでしょうか?まずは報告に良く挙がるものをまとめてみました。そこから気になる副作用をいくつか抜き出し、その理由について迫ってみたいと思います。

  • ・眠気
  • ・ふらつき
  • ・不眠
  • ・性機能障害
  • ・食欲不振、口の渇き、吐き気、便秘(抗コリン作用)
  • ・発汗
  • ・体重増加
  • ・動悸、不整脈

色々な副作用が起きることがお分かりになるかと思います。この中で気になるとしたら眠気、そしてSSRIで起こりやすい抗コリン作用でしょう。レクサプロは比較的SSRIの中では副作用が起きにくい方ではあるのですが、その点についても知っておく必要があります。まずは眠気についてから見ていきましょう。

レクサプロの副作用:眠気

レクサプロの副作用としてよく聞くのが「眠気の誘発」です。SSRIはセロトニンを増やしうつ状態を緩和する作用を持っています。そのため「不眠」も副作用として多いわけなのですが、反対に眠気も起きてしまうのです。

その理由はヒスタミンをブロックしてしまうため。一般的にヒスタミンと言えばアレルギー症状を引き起こす物質として知られていますが、覚醒にも関係しているため、レクサプロによりブロックされてしまうと眠気が起きやすくなってしまいます。

とは言いましてもレクサプロによって起きる眠気はそこまで強くはありません。SSRIの中で見ればパキシルよりも起きにくいです。抗うつ剤全体で見れば、SSRIは三環系・四環系、NaSSAよりも眠気が起きるのは少ないでしょう。

つまり、レクサプロではそこまで眠気が起きる心配はいらないということです。ただ体質によってはレクサプロの作用が強く効きやすく、眠気がよく起きてしまうという方もいらっしゃいます。もしそれで日常生活に支障が出るのであれば、違う抗うつ剤を使ってみましょう。

レクサプロの副作用:抗コリン作用

抗コリン作用とは口の渇き、胃痛、便秘などアセチルコリンを阻害することで起きる減少です。アセチルコリンもまた、セロトニンと同じ神経伝達物質であり、副交感神経の刺激を伝達する物質です。唾液の分泌にも影響しています。

つまり、アセチルコリンの結合が阻害されてしまうと口の渇き=唾液の分泌が少なくなってしまうのです。そして胃痛などが起きる原因としては、アセチルコリンによる平滑筋の収縮作用が起きにくくなってしまうため、このような副作用が起きやすくなってしまいます。

レクサプロで起きる離脱症状

基本的にレクサプロでは離脱症状はまず起きないと言ってもいいでしょう。しかし間違った使い方をする、例えば自己判断によってレクサプロを使う回数を減らしたり飲まない日を続けたりなどです。抗うつ剤、そして精神安定剤や睡眠薬などは医師の判断のもと減薬をしなければなりません。

レクサプロを使わない、ということはセロトニンの濃度も増えることがないので、そのことが原因により何らかの症状が生じてしまうのです。耳鳴りや手足のしびれ、吐き気、震えなどが起きてしまいます。ただどうしてこのような離脱症状が起きるのかははっきりと分かっていないようです。

レクサプロによる離脱症状を防ぐには、絶対に勝手な判断をしないこと。これに尽きます。他の抗うつ剤を使われている方にも言えることですので、「ちょっと楽になったからもう使わなくていい」と思いがちですが、それは大きな誤解であることを覚えておきましょう。

その他の副作用について

レクサプロによって起きるその他の副作用については、性機能障害なども知られています。性欲減退、膣の分泌液の減少、射精困難、勃起不全(ED)などの症状が現れるようです。他の副作用と違って性機能障害は2週間経っても改善される事はありませんのでご注意下さい。

そして抗うつ剤を使うと「太りやすい」とよく言われていますが、実はあながち間違いではありません。というのも、体内にはヒスタミンという食欲を抑える物質があるのですが、レクサプロにはヒスタミンを阻害する作用もあるのです。そのため食欲を抑えられず、食べ過ぎてしまい体重が増加してしまいます。

また、抗コリン作用と同じようにSSRIで起きやすいものとして「セロトニン症候群」というものがあります。こちらは重い副作用として知られており特に飲み始めの時に起きやすいと言われているので覚えておきましょう。

急に落ち着きが無くなる・不安を感じる・不眠・体の震えなどが起きた場合はセロトニン症候群の可能性があります。いつもとは何か違うと感じたのであれば、すぐに医療機関へ行き、診察されることをおすすめ致します。

抗うつ剤はかなり個人差が現れる薬です。良くも悪くも劇的に変化することも珍しくありません。もしレクサプロが合わないのであれば、他の抗うつ剤に変えてみましょう。合う抗うつ剤を見つけられれば、かなり楽になることが出来るはずです。

レクサプロの効果

うつ病や精神疾患のある方は、脳内の神経伝達物質である「セロトニン」や「ノルアドレナリン」、「ドーパミン」などの分泌量が偏っている状態にあります。その神経伝達物質を増やしたり、減らしたりする事により、うつ病の症状が改善に向かいます。

その中でもセロトニンは重要です。ノルアドレナリンやドーパミンが増えすぎると心が暴走し、興奮や怒りが止まらない状態になりますが、セロトニンはそれらを抑制させる役割があります。

脳内での情報伝達が行われる際に、セロトニンが分泌されます。この時もう一度セロトニンは再び細胞に取り込まれます。セロトニンの再取り込みが起こると脳内のセロトニンの量が減り、情報伝達が滞り気分が落ち込む、やる気が出ないなどのうつ症状になります。この再取り込みを阻害することによりセロトニンの量が増え、情報伝達がスムーズになる事でうつ症状が改善されます。

レクサプロはセロトニンの量を増やし、精神を安定させ心のバランスを整える効果があり、特に不安障害の治療に適していて、やさしい効きめという理由から、治療の最初の段階でに選ばれる薬です。その他、以下のさまざまな症状の改善に効果を発揮します。

  • ・うつ病
  • ・うつ状態
  • ・社交不安障害
  • ・パニック障害
  • ・社会不安障害
  • ・脅迫性障害
  • ・心的外傷後ストレス障害(PTSD)

レクサプロが良く処方される理由

レクサプロの大きな特徴は、服用してから1週間で効果が表れるという事です。これはなぜかというと、ほかのSSRIは、最初は少量から服用し始め、徐々に量を増やしていく事になるので時間がかかってしまいますが、レクサプロはその必要がなく、薬の開始用量と治療用量が同じ10mgです。その為、治療開始から早い段階(一週間程度)で効果が感じられます。

さらにレクサプロには他のSSRIには無い特徴があります。それがアロステリック作用による抗うつ効果の延長です。アロステリック作用とは、セロトニンを再取り込みする細胞にはSSRIが結合する箇所が2種類あり、レクサプロはこのどちらにも結合します。

レクサプロと結合した細胞は構造が変わり長時間結合するようになることです。これにより25~28時間だった半減期(薬の血中濃度が最大から半分になるまでの時間)が、さらに効果が続くようになります。

レクサプロのように半減期の長い薬は血中濃度の変化がゆっくりな為、離脱症状が出難いとされます。離脱症状とは急に薬が切れた禁断症状のようなもので、耳鳴り、吐き気、発汗、めまい、しびれや震え、強い不安感などの症状が出るようになります。

レクサプロの服用方法

服用するには10mgから始めて、1、2週間様子を見て、効果が見られた場合はそのまま10mgを飲みます。
足りないと感じたら20㎎に増やしましょう。効果が感じられるようになってきたからと、薬の服用を中止するのはやめましょう。飲み始めたら、半年から1年は服用を続けるようにしましょう。

なぜならこの時期に薬の服用を中止してしまうと、うつ病の症状が再発しやすいからです。半年から1年服用し続けて、再発の兆候がなく、安定しているようでしたら回復したとします。

しかし突然薬をやめず、2、3か月かけてゆっくりとお薬の用量や回数を減らしていきましょう。問題がなく、症状も出なければ、治療終了になります。レクサプロを1、2か月服用しても改善がなければ、効いていない事が考えられるので、他のお薬を検討しましょう。