抗うつ剤は市販されていません。医療機関か通販で購入が出来ます。通販はジェネリックが豊富なので治療費の節約も容易です。

くすりの寺子屋

抗うつ剤は市販されている?

抗うつ剤は市販されている?

うつ病の方は薬を使われずそのままでいる方も多いといいますが、自身と向き合って改善されたい方ももちろんいらっしゃいます。その際に使う薬が抗うつ剤です。たくさんの種類があり、SSRIやSNRIなどタイプも複数あるのでどれを使えばいいか迷ってしまいますよね?

その抗うつ剤を使うためには医療機関で処方してもらわなければなりません。薬ですからそれはお分かりだと思いますが、簡単に買えればどれほど便利でしょうか?医師であっても極力他人と接したくない時もあるでしょう。しかし抗うつ剤は処方箋医薬品なので市販(薬局で販売)されておりません。

薬局などで簡単に購入することが出来ないのです。しかし極力人に会わず、なおかつ手間にならない購入方法があります。それは海外医薬品の通販サイト。インターネットの通販でも抗うつ剤は購入出来るのです。

市販では購入出来ない抗うつ剤の入手方法

冒頭でもご紹介しましたが抗うつ剤は市販で購入する事が出来ません。抗うつ剤は劇薬に指定されており、薬局では取り扱えないのです。そのため必ず医療機関へ行き処方してもらう必要があります。しかしうつ病になってしまうと外に出たくなかったり人と話したくない、ということもありますよね?

そういう時はネットを使い通販で抗うつ剤を購入するのがとても便利です。人と話すことなく、顔を合わすことなく購入する事が出来ます。またネットさえ使える環境であれば場所も選びません。つまり家からでなくても抗うつ剤を購入する事が出来るのです。

では医療機関と通販では何が違うのか?それを説明していこうと思います。まずは医療機関で処方される場合についてからです。処方箋とはどういうものなのかも簡単な説明を行いたいと思います。

医療機関で抗うつ剤をもらうケース

処方箋とはその人に合わせて医師が治療に必要な薬(ここでは抗うつ剤)、量、使い方などを記載している書類のことです。これにより何がどのように処方されたのかというメリットが生まれます。また、医師が責任を持ちその薬を処方したことにもなるので、万が一のことが起きた場合は補償の対象としても重要になるのです。

近年では調剤薬局で処方されることが多くなったため、医師の処方が正しいか薬剤師が再チェック出来るので、より安全性が高まるというメリットがあります。しかし処方箋には期限があります。原則として4日以内に薬をもらいに行かなければなりませんのでご注意下さい。

ただし医療機関へ行かなくても抗うつ剤を購入する方法があり、それがいわゆる通販(海外医薬品の通販)になるわけです。個人輸入にあたるので処方箋が必要ありません。抗うつ剤を始め、抗不安薬・抗精神病薬・睡眠薬なども購入することが可能です。

抗うつ剤を通販で購入する場合

抗うつ剤を通販で購入する場合

もう一方の入手方法である通販。実は国内で見かけるような通販サイトではなく、個人輸入代行業者が解説している通販サイトを利用する必要があります。国内では薬局で市販されているOTC医薬品(一般医薬品)であれば通販することが出来ますが、処方箋医薬品は扱えません。

しかし海外で販売されている処方箋医薬品を購入する(つまり個人輸入)ことは違法ではありません。ただ個人輸入は多少面倒な手続きも必要なので、近年では先に挙げた個人輸入代行業者が購入者の代わりの手続きなどを行うことが主流となりました。

これが海外で販売されている抗うつ剤を購入出来る理由です。(海外医薬品の)通販も、個人輸入にあたります。そのため法に触れることなく、良く利用する通販サイトでのお買い物のように利用する事が出来るのです。

個人輸入とは

その個人輸入についてもう少し入り込んで話してみましょう。1990年代前半から密かにブームになっていたようです。日本と海外の価格差が生まれるので、海外から欲しい物を購入した方が安くなるために個人輸入をする人が多くなったという背景があります。

そしてインターネットが成熟し始めてからは、直接海外のサイトから購入される方も増えてきました。それに伴い個人輸入代行業者も激増したのです。ちなみに個人輸入とは海外で購入する商品どれにでもあてはまります。抗うつ剤(医薬品)だけではありません。

高級ブランドのカバンや化粧品はもちろん、食べ物や日用品も海外から購入すれば個人輸入と呼ぶのです。旅行先で購入したものも個人輸入になります。ただ中には個人輸入出来ないものや、細かい規定などが定められている商品もあるので事前に知らなければなりません。

医薬品に関しても規程があり、抗うつ剤など劇薬指定されている処方箋医薬品は1ヶ月分以内の分量しか購入する事が出来ません。その他の医薬品や医薬部外品などは2ヶ月分以内と定められています。決められた分量を超える場合には薬監証明の申請をしなければならないので注意しましょう。

通販はジェネリックがメイン

通販で購入出来る抗うつ剤はジェネリックがとても多いです。むしろジェネリックがメインと言えるでしょう。そのためとても安いことが分かると思います。通販では当然ですが健康保険を使う事が出来ません。そのため何割で購入が出来る、というシステムでは無いので気を付けて下さい。

海外では薬を使う際はジェネリックが主流となっています。ほとんどの国では自己負担をしなければならないのです。日本はかなりその点では優遇されています。しかしそれにより保険料が年々増加しているため、ようやくジェネリックの普及にも力を入れだしました。

そのため知名度も広がり、医療機関でもジェネリックを使うかどうか聞かれることが多くなったと思います。いかに保険制度が整っているとはいえ、ジェネリックに切り替えることで安くなることも浸透してきたのです。

このようにジェネリックの持つイメージ(効かない・粗悪品)もかなり変わりました。通販で薬を購入される方も、その豊富な商品量に驚かれるでしょうがすぐに慣れてくると思います。特にうつ病は長い期間、抗うつ剤を使いながら治療を行うので、安く済ませられるのであればコスト面でも非常に助かるのではないでしょうか?通販の利用はとても賢い選択だと思いますよ!

医療機関で処方してもらうのも1つの手です

通販で偽物の抗うつ剤が届いてしまうことを心配されるのであれば医療機関へ行きましょう。正規品を確実に入手することが出来ます。しかしそれには医師の診断を受けねばなりません。うつ病になると無気力になることもあり、外出が億劫になることもあります。

また人と会うことに恐怖感を抱くこともあり(対人恐怖症)、出かけにくいという方もいらっしゃるでしょう。そういう場合こそ実は通販の利用をおすすめします。先に説明したことと矛盾してしまいますが、あくまでも少数でほとんどの通販サイトは正規品を扱っています。

比率こそ少ないものの悪質なサイトもあることからこういった誤解や心配が拭えていないようです。優良な通販サイトは「安すぎないこと」「サイトの文章などがおかしくない」「成分鑑定を掲示してある」「日本語サポートがある」「口コミ数が新しい」などいくつか基準となる点がありますのでこれを参考に注文しようか迷っている通販があれば確認してみて下さい。

忘れてはならないもう1つ重要な点が「特定商取引表記」が記載されている点にも注目して下さい。所在地や運営者の情報が記載されているためです。またこの表記は法律により、掲示しなければならない義務があります。

通販で購入出来る抗うつ剤とは?

通販で購入出来る抗うつ剤は一体どのような種類があるのか?なんと良く使われているSSRIやSNRIが揃っています。もちろんこれらは市販で販売されておらず、個人輸入で海外から購入すれば問題無く手に入れる事が出来ます。

また抗うつ剤の他にも抗不安薬や睡眠薬も揃っているようです。抗不安薬と言えばデパスが有名ですが、こちらは2016年に規制されてしまい現在は通販で購入する事が出来ません。もちろんジェネリックにあたるエチラームなども規制の対象なので通販で購入するのは不可能です。もし販売している通販サイトがあれば、それは違法なので絶対に買わないようにして下さい。

抗不安薬も市販はされておらず、医療機関でのみ処方してもらうしか手に入れる方法はないのでご注意下さい。しかも処方に関しても規制が強くなり、最大で30日分までとなりました。そのためデパスの代わりとしてバスパーやセディールに注目が集まっています。

最近ではデパスと同じベンゾジアゼピン系のグランダキシンも徐々に知られるようになってきました。デパスよりも穏やかな効き目なため、効果は弱いものの依存性や耐性も低く使いやすいという口コミやレビューも見かけだしています。

それでは前置きが長くなりましたが一体どの薬が通販で購入出来るのかを皆様にお伝えしていこうと思います。とはいえ全ての薬を羅列してしまうとかなりページが長くなってしまうので、どの通販サイトでも人気があるであろう薬を管理人が独断で選び、皆様におすすめ致します。

抗うつ剤・抗不安薬・睡眠薬と分けてそれぞれ1~3つ選んでみました。興味が湧きましたら詳細な記述をしているページもございますので、こちらもご覧下さい。

レクサプロ

レクサプロは世界的に見て、非常に処方量の多い抗うつ剤です。国内で一番新しいSSRIになります。抗うつ剤は2週間程度使い続けなければ効果を実感出来ませんが、レクサプロはそれよりも早い期間に効果が現れるとしてとても人気です。

レクサプロの詳細

ジェイゾロフト

ジェイゾロフトはレクサプロと同じように処方量の多いSSRIです。効果と副作用のバランスが取れている抗うつ剤といわれており、穏やかな効果と現れにくい副作用が人気のポイントになっています。特に初めて抗うつ剤を使われる方に処方されているという話です。

ジェイゾロフトの詳細

まとめ

現在うつ病や不安障害を抱える人は多数いらっしゃいます。心の病気は長い付き合いになる為、治療には時間もかかるし費用もかかるものです。できればコストは抑えたい、そんな方に、ジェネリックがおすすめです。さらに通販を利用しジェネリックを購入すれば、病院の処方に比べ安いですし、通院する手間もないので非常に便利です。

種類の多いジェネリックですが、薬の性格を知れば付き合い方も分かるものなので、是非ご検討してみてはいかがでしょうか。