抗うつ剤にもジェネリック薬品があります。デパスやパキシル、レクサプロなどのさまざまなジェネリック薬品のお得な購入方法を紹介します。

抗うつ剤比較~パキシルvsデパス~

抗うつ剤のさまざまなジェネリック薬品

ジェネリックとは「一般的な」「共通の」という意味合いがあります。効果のある薬は、開発されてから一定期間を過ぎると特許が切れ、他の製薬会社によって同じ成分の薬を作る事が可能になります。且つ研究費がかかっていない分、薬価を抑える事に繋がります。
その為近年、ジェネリックは日本でもかなり使われるようになってきました。

抗うつ剤は継続して服用しなくてはいけない事から、経済的にも負担になってしまいがちですが、抗うつ剤にも安く手に入れることができるジェネリック薬があります。

もしも抗うつ剤の服用を検討していているものの金銭的な理由で悩んでいる方がいたら、ジェネリック薬も検討してみてはいかがででしょうか?

主な抗うつ剤のジェネリック

以下に各種ジェネリック医薬品をご紹介致しますので、購入の際の参考にしていただければと思います。

デパス・ジェネリック

エチラームは先発薬デパスのジェネリック薬品です。デパスは80年代から医療現場で使われている歴史のある薬です。その為国内外で製造されるジェネリックも多く存在しています。脳が緊張や興奮をしている状態をリラックスさせ症状を緩和させる効果があります。うつ病・パニック障害・自律神経失調症など幅広い精神病に効果があり、睡眠障害・肩こり・腰痛にも処方される万能薬です。
症状が出た場合飲んで30分程で効果が現れ、8時間程で体外に排出されます。 先発薬の現在デパスを含むエチゾラムの配合された薬は薬事法で輸入が禁止となっています。依存性の低い代替えの抗うつ剤をご使用ください

0.5mg × 100錠 4500円
1mg × 100錠 8550円

デパス・ジェネリックの通販はこちら

パキシル・ジェネリック

日本でも認可のあるパキシルのジェネリック薬品です。SSRI(選択的セロトニン再取込み阻害剤)と呼ばれるタイプの抗うつ剤です。このタイプの薬はセロトニンにのみ作用する為、余計な副作用が出にくい特徴があります。他のSSRIに比べ効きが強く、イライラや不安感を和らげる精神的作用から、摂食障害や早漏防止など身体的な作用までカバーできる薬です。
体重増加や強い眠気、倦怠感や吐き気、便秘などの副作用が確認されています。 先発薬のパキシルは20mg×28錠で4700円なので、ジェネリックであれば約半分の値段で購入する事が出来るため、大分薬価が抑えられお得です。

20mg × 30錠 2700円
40mg × 30錠 4500円

パキシル・ジェネリックの通販はこちら

レクサプロ・ジェネリック
レクサプロ・ジェネリック

レクサプロのジェネリック薬品で、SSRI(選択的セロトニン再取込み阻害剤)と呼ばれる抗うつ剤です。効果が高く副作用も少ないバランスの良い薬で、長期間の服用に向いているとされ、近年人気のある抗うつ剤の1つです。うつ病、不安障害、対人恐怖症、摂食障害、心的外傷後ストレス障害に効果があるとされます。服用すると脳内でセロトニンの他にヒスタミンという物質にも作用します。その為、食欲が止まらなくなり過食になったり、眠気が強くなる場合があります。運動や服用する時間を調節するなどの対処しましょう。

20mg × 100錠 4450円
40mg × 100錠 8820円 ※他に30mgと60mgもあります。

レクサプロ・ジェネリックの通販はこちら

プロザック・ジェネリック

オキセチンは先発薬であるプロザックのジェネリックです。
SSRI(選択的セロトニン再取込み阻害剤)と呼ばれるタイプの抗うつ剤です。1988年に登場し、当時の抗うつ剤の中でも効果が優れていることから「奇跡の薬」としてメディアにも取り上げられました。脳内のセロトニンの量を一定に保つ事で、沈んだ気分を持ち上げ症状を緩和する効果があります。主にうつ病、強迫性障害、摂食障害、パニック障害などに効果があります。服用してから時間をかけて効果が出る為、突発的な精神的変化もなく、依存性も副作用も出にくいのが特徴です。初期段階や軽度のうつ病の症状に向いている薬です。

20mg × 100錠 2700円

プロザック・ジェネリックの通販はこちら

イフェクサー・ジェネリック

1993年に発売された第4世代の抗うつ剤「イフェクサー」のジェネリック薬品です。SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取込み阻害剤)と呼ばれるタイプの抗うつ剤の1つです。セロトニンやノルアドレナリンの量を一定に保つ効果があり、気分の落ち込みや不安を和らげ、やる気や意欲を出させる働きをします。ノルアドレナリンは痛みを抑える効果があることから、うつ病からくる頭痛や腰痛などの痛みの併発に対しても効果が認められています。効きが強く効果が高い為、中程度から重度のうつ病に用いられます。他のSNRIの薬と比べ効果の強い分、副作用もそれなりに出る場合があります。

75mg × 100錠 4950円
150mg × 100錠 7200円

イフェクサー・ジェネリックの通販はこちら

サインバルタ・ジェネリック

「サインバルタ」のジェネリック薬品です。SNRIと呼ばれる第4世代の抗うつ剤で、強い効果と低い副作用が特徴です。パニック障害や摂食障害にも効果があります。他の抗うつ剤で効果の見られなかった方やうつ病の意欲低下の症状に対して効果があるとされています。ノルアドレナリンに作用する為、うつ病による神経性の痛み(頭痛・腰痛など)の併発に対しても効果があります。サインバルタは飲み始めて効果を実感できるのが比較的早いとされ、飲み始めて1週間で効果が出てきます。不眠に対しても効果的で、深い睡眠状態のノンレム睡眠を邪魔しません。副作用は低いですが、服用初期に関しては吐き気や消化器症状が出る場合があります。

10mg × 100錠 4050円
20mg × 100錠 6300円

サインバルタ・ジェネリックの通販はこちら

レメロン・ジェネリック
レメロン・ジェネリック

レメロンのジェネリック薬品で、NaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬)と呼ばれる抗うつ剤です。特徴として他の抗うつ剤と比べても非常に効果が強く、効きが早く即効性があり効果の継続時間が長いです。他に、副作用として眠気や体重増加のありますが、吐き気や胃腸障害、EDなどの性機能障害は少ないとされます。SNRIやSSRIの薬と作用機序が違うため併用が可能です。他の抗うつ剤はセロトニンの吸収を抑え一定量を保つのに対し、セロトニンの分泌を増やす作用があります。セロトニンが増える事で精神的な不具合を改善させます。

15mg × 28錠 2700円
30mg × 28錠 4500円

レメロン・ジェネリックの通販はこちら

バスパー・ジェネリック
バスパー・ジェネリック

先発薬のバスパーのジェネリックで、非ベンゾジアゼピン系と呼ばれる抗不安薬の1つです。うつ病や不安障害、不眠症などの睡眠障害に効果があります。服用後は穏やかに効果が現れ、1~2週間ほどで実感されます。効果の高い薬は依存性や離脱症状が気になると思いますが、効果がゆっくりの為、依存度が低く副作用も控えめな安全性の高い薬です。現在個人輸入が出来なくなったデパスの代替え薬として使用されていて人気のある薬です。

5mg × 50錠 2880円

バスパー・ジェネリックの通販はこちら

ソナタ・ジェネリック
ソナタジェネリック

睡眠薬として使用されるソナタのジェネリックで、非ベンゾジアゼピン系の1つです。鎮静作用があることから抗不安薬としても利用されています。ソナタの副作用である転倒やふらつきとなる原因の筋弛緩作用が低くなっています。服用後の効きが早く、短時間で消える為、翌朝の負担が少ないとされています。寝つきが悪く入眠まで時間がかかる方におすすめです。こちらもデパスやエチラームの代替薬として現在広く使用されています。依存性が低く安全に使用できます。

10mg × 100錠 4050円

ソナタ・ジェネリックの通販はこちら

以上のように様々な種類のジェネリックがあります。

代表的な抗うつ剤の詳しい特徴は下記のページにてご確認ください。

パキシルについて
デパスについて
ジェイゾロフトについて
レクサプロについて
アビリファイについて

抗うつ剤のジェネリックは通販で購入

今は病院に行かなくても、輸入代行業者を使えば、通常の通販と同じように簡単に購入できるようになりました。
ただし、服用については自己責任となります。
副作用、併用禁止薬、他の持病など確認が必要です。

最初は病院で処方してもらい、以降は代行業者などを利用するという方法も考えられます。

ジェネリック医薬品の個人輸入代行は、病院に行く必要もなく安く購入できるので、数か月の服用が必要になるお薬ほど簡単に購入できるのは大変便利だと評判です。

うつ病をはじめとする精神的な疾患は様々な原因で発症します。
まずは原因を突き止め、ご自身の症状に合致した治療薬を選ぶことが肝要です。
その際にはこちらでご紹介しましたジェネリック医薬品も是非検討材料としてご活用ください。

個人輸入は危険?

最近は報道などでも「個人輸入」を目にするようになり、マイナスなイメージが付くことが多く見られます。この大半は海外からの個人輸入代行業者の事です。中には偽薬や粗悪品もあり、購入者からすれば大変迷惑な話ですが、ほとんどがそればかりという訳ではありません。海外からの個人通販を行う悪徳な業者もいますが、そうではない業者も多数あります。

購入する前や購入後に偽物を発見するのは非常に難しいので、要はしっかりとした信頼のおける業者を選択するのが安全策といえます。長くサイトを運営している、連絡がしっかり取れる、利用者の口コミが多く寄せられているなどのポイントを基準にすれば、怪しいものをつかまされる事はないでしょう。異常なまでに大げさな広告がある、日本語がおかしいサイトも危険ですので、避けるのが得策です。

代行業者からの購入と言えど、個人輸入であることに変わりはありません。購入や使用も自己責任だという事を念頭に置くようにしましょう。

まとめ

現在うつ病や不安障害を抱える人は多数いらっしゃいます。心の病気は長い付き合いになる為、治療には時間もかかるし費用もかかるものです。できればコストは抑えたい、そんな方に、ジェネリックがおすすめです。さらに通販を利用しジェネリックを購入すれば、病院の処方に比べ安いですし、通院する手間もないので非常に便利です。

種類の多いジェネリックですが、薬の性格を知れば付き合い方も分かるものなので、是非ご検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

うつ病に関連するおすすめ記事

うつ病について

抗つ剤に関連するおすすめ記事

デパスについての解説
うつ病の治療に効果的なジェネリック医薬品