エチゾラムの作用に近い薬を紹介します。デパスの代替えの薬にはどんなものがあるか、ご紹介します。

抗うつ剤比較~パキシルvsデパス~

エチゾラムの作用に近い薬とは

現在日本ではデパスの主成分である「エチゾラム」は向精神薬指定とされています。向精神薬指定とはその為、海外で製造されたエチゾラム配合の薬品は個人輸入が禁止となり、国内の処方にも日数制限がかけられるようになりました。

エチゾラムが使用できず精神疾患に悩んでいる方に、別の代替えの薬があるのでご紹介します。

・バスピン(非ベンゾジアゼピン系)
非ベンゾジアゼピン系の抗不安薬です。不安障害や不眠症、うつ病に効果があります。

・バスパージェネリック(非ベンゾジアゼピン系)
こちらもバスピンと同じく非ベンゾジアゼピン系の抗不安薬です。主成分も同じ為、効果も同様となります。

・ソナタ・ジェネリック(非ベンゾジアゼピン系)
鎮静作用がある睡眠薬です。不安を抑える効果から抗不安薬としても利用できます。

・セディール(アザピロン系)
新しい系統の抗不安薬で、薬に対する耐性もつきにくいとされています。

・リスパダール・ジェネリック(非定型抗精神病薬)
第二世代抗精神病薬と呼ばれる薬です。不安障害、統合失調症に効果があります。

それぞれ薬の依存症が出にくく、副作用も少なく安全性が高いので、エチゾラムに続く代替え薬としてお使いになってはいかがでしょう。

デパスの成分エチゾラムとは

デパスとは、抗不安薬であり、気持ちを安定させ落ち着かせたり、急にくる不安感や緊張感を鎮める効果のある医薬品です。

チエノジアゼピン系に分類され、ベンゾジアゼピン系と同様の作用も持っています。主成分はエチゾラムです。

エチゾラムの特徴と働き

多くの薬が海外で開発され日本でも販売されていますが、デパスは純国産の薬で吉富製薬が製造販売しています。

万能な薬ではありますが、注意しなければならないのが副作用の1つである依存症です。

作用も強く、あらゆる症状に有効な医薬品ですが、持続時間が短く、服用回数が増えてしまいがちです。

持続時間が短い理由は、含まれているエチゾラムという成分が水に溶けやすく、短い時間ですぐに成体内から尿と一緒に排泄されてしまうからです。

また服用を続けることで身体が慣れてしまい、飲み始めたころの効いているといった感じがなくなっていき、服用量が増えてしまいがちです。

服用期間、回数、方法を間違えてしまうと、すぐに依存症になってしまいます。

医師と相談しながら服用をすれば、そこまで気になる副作用ではありません。
しかし万能薬と言われるだけあり、多くのジェネリック医薬品もあり、現時点では医師の処方を受けずとも個人使用できるようになっています。

なので、自分で服用する場合には、決められた服用方法以外での服用はしないようにしてください。
また毎日服用する薬としてではなく、うつ病などの症状が辛い時だけ服用する補助薬くらいに認識しておいてください。

エチゾラムの依存症についての補足ですが、エチゾラムは効果があり作用も強く、あらゆる症状に有効な医薬品です。しかし薬の持続時間が短く、体内に吸収され6時間ぐらいといわれます。持続時間が短い理由は、含まれているエチゾラムという成分が非に水に溶けやすく、短い時間ですぐに成体内から尿と一緒に排泄されてしまう理由からです。その為、薬が切れたら服用するを繰り替えすことになります。それを長期に渡り続けることにより、薬に身体が慣れてしまい、飲み始めたころの効いている感じが弱くなります。もっと効きを良くする為、徐々に服用量が増えてしまいます。

依存状態になる理由として、服用する期間が長くなる、服用する回数が増える、身体に薬の耐性が出来るがあります。

長い期間薬を服用し体が楽な状態に慣れてしまうと、薬の切れるのが辛く感じるもの。さらに体には薬の耐性があるので、さらに用量を増やすという薬の乱用に繋がります。

↓↓お得なデパスのジェネリックはこちらで購入できます!↓↓

関連記事

うつ病に関連するおすすめ記事

うつ病について

抗つ剤に関連するおすすめ記事

デパスについての解説
デパスの作用機序
パキシルについての解説
ジェイゾロフトの作用機序
レクサプロの作用機序
うつ病の治療に効果的なジェネリック医薬品